MENU

楽天モバイルのポケットWiFiルーターについて解説

楽天モバイルのポケットWiFiルーター(Rakuten WiFi Pocket 2C」について解説。


目次

楽天モバイルのポケット型WiFiルーターについて

2024年1月時点ではRakuten WiFi Pocket 2Cのみ販売中

2024年1月時点では、ポケット型WiFiルーターは「Rakuten WiFi Pocket 2C」のみ販売しています。

Rakuten WiFi Pocket 2Cは、薄型軽量で携帯しやすく、最大約10時間連続通信が持続するため、外出時の長時間利用にも安心して利用できるモバイルWi-Fiルーターです。スマートフォン等で本体画面に表示されたQRコードを読み取るだけで、簡単に最大16台の製品をWi-Fiに同時接続することが可能です。

カラーバリエーションは、「ホワイト」と「ブラック」の2色で、製品背面には「お買いものパンダ」がプリントされています。

製品名Rakuten WiFi Pocket 2C
ホワイト / ブラック
サイズ(高さ/幅/厚さ)約64.8 × 約107.3 × 約15 (mm)
重量約107g
連続待受時間
(LTE / 3G / GSM)
約300時間 / 約300時間 / –
連続通信時間
(LTE / 3G / GSM)
約10時間 / – / –
バッテリー容量約2,520mAh
テザリング16台
SIMタイプmicroSIM
付属品USB Type-Cケーブル
クイックスタートガイド

楽天モバイルの詳細はこちらから!

ボタンを押すと楽天モバイル公式サイトに移動します

楽天モバイルのポケット型WiFiのメリット

月額3,278円で楽天回線もパートナー回線もデータ高速無制限で使い放題

データ通信が最強 日本全国の通信エリアどこでもデータ高速無制限

Rakuten最強プランは、業界最高水準人口カバー率99.9%で、楽天回線エリア・パートナー回線エリアどこでも高速データ通信が使い放題です。

従来のプランでは楽天回線エリアは使い放題、パートナー回線エリアは月5GBまででしたが、Rakuten最強プランではその制限が撤廃され、パートナー回線でもデータ無制限で使い放題になっています。「1日10GB以上データ通信すると最大3Mbpsに速度制限」も2022年10月に撤廃されたようで、真のデータ使い放題になっています。

WiMAXサービスやポケットWi-Fiを解約して楽天モバイル1本にまとめる人もいます。

パートナー回線エリアはau回線を使用してサービスを提供しているため、うまくいけばau回線でデータ使い放題だということに注目して楽天モバイルを契約する人もいます。

※1 2023年6月時点。人口カバー率は、国勢調査に用いられる約500m区画において、50%以上の場所で通信可能なエリアを基に算出
※2 公平なサービス提供のため、速度制限の場合あり。環境により速度低下する場合あり

毎月エリアが拡大中

楽天モバイルは快適な通信環境を提供するために毎月新たな楽天モバイル基地局を設置しています。楽天モバイルの5Gエリアも順次拡大しています。

楽天モバイルの料金プランは1プラン。利用するデータ量によって料金が決まる

価格が最強 圧倒的な低価格

楽天モバイルの料金プランはすべての人に最適なワンプランです。楽天モバイルの月額料金は、毎月のデータ利用量で支払金額が決まります。

月のデータ利用量が3GBまでは月額1,078円、3GB超過後~20GBまでは月額2178円、20GB超過後はどれだけ使っても月額3278円です。100GB使っても200GB使っても、300GB使っても月額3,278円で無制限に利用できます。

楽天モバイルのテザリングは、「1ヶ月で○GB以内しかテザリングできない」みたいな制約はなく、無制限で利用できます。(1日10GB以上通信した場合は速度制限される可能性あり)

Twitterなどを見ていると、入院しているときに楽天モバイルのSIMを入れたスマホをテザリングして、固定回線代わりに使っている人も多かったです。

2月はほとんどデータ通信しなかったけど、3月は旅行に行って20GB近くデータ通信するなど、毎月

海外でも2GB使える

楽天モバイルは海外ローミングに対応しているため、海外でも月2GB使えます。

現在販売されているRakuten WiFi Pocket 2Cは国際ローミングに対応しています。

出国前にmy楽天モバイルの「海外ローミング(データ通信)」をONにして、Rakuten WiFi Pocket 2Cの管理画面から国際ローミングを有効にすると海外でも使えるようになりますよ。

Rakuten WiFi Pocket 2Cが一括1円で購入できるキャンペーンが実施中

楽天モバイルの申し込みと同時にRakuten WiFi Pocket 2Cを購入すると、プランセット値引き適用で一括1円で購入できる「Rakutenオリジナル製品 1円キャンペーン」が実施されています。1円だけ支払えばルーターが手に入ります。

「実質」とか「レンタル」ではないので返却する必要もありません。

契約期間の縛り(2年縛り)、契約解除料(違約金)が無い

楽天モバイルは、契約期間の縛りや契約解除料(違約金)はありません。

端末も一括1円で購入できるので、固定回線が引けない場所で数ヶ月暮らさないといけないとか、病院で長期入院するときに契約して、不要になったら楽天モバイルを解約しても全然構いません。

楽天ポイントが貯まる(SPU率アップ)

Rakuten最強プランの契約者は2023年12月1日からポイントが毎日全員5倍になります。

さらに、その他グループサービスを利用すると、楽天ポイントが最大16.5倍になります。(SPU全達成の場合。獲得ポイント上限あり)

楽天モバイルの支払い方法に楽天カードを設定しておけば、楽天モバイルの支払額100円につき1円相当の楽天ポイントがたまります。

たまった楽天ポイント、楽天モバイルのキャンペーンで貰ったポイントは楽天市場での買い物に使うのもいいですし、楽天モバイルの支払料金に充当も可能ですよ。

楽天モバイルは、楽天ポイントで月額料金・各種手数料と製品代金の一括払いができます。楽天モバイルでiPhoneを一括払いで購入するときに楽天ポイントを使って安くする、みたいなこともできますよ。

楽天モバイルの詳細はこちらから!

ボタンを押すと楽天モバイル公式サイトに移動します

楽天モバイルのポケット型WiFiのデメリット・注意点

Rakuten WiFi Pocket 2Cは5GHz帯非対応

Rakuten WiFi Pocket 2Cは2.4GHz帯(IEEE 802.11 b/g/n)のみ対応しています。

Rakuten WiFi Pocket 2Cは5G非対応

Rakuten WiFi Pocket 2Cは5G非対応です。4Gのみ対応しています。

接続先の回線が判別できない

楽天モバイルは楽天回線とパートナー回線の2つの回線がありますが、Rakuten最強プランが2023年6月1日に提供開始されてからは接続先の回線が判別できないようになりました。

「はパートナー回線は月5GBまでの制限がありましたが、Rakuten最強プランでは楽天回線でもパートナー回線でもデータ使い放題になったからです。判別する意味がもうないんですね。

楽天モバイルの詳細はこちらから!

ボタンを押すと楽天モバイル公式サイトに移動します

楽天モバイルのポケット型WiFiの申し込み~開通方法について解説

契約に必要なものを用意する

楽天モバイルの契約に必要なものを用意してください。

ルーターを契約するならほとんどの人は新規契約するはずですが、他社から乗り換え(MNP)で契約する場合はMNP予約番号を取得してください。

楽天モバイル公式サイトから申し込み&製品を購入する

「Rakuten WiFi Pocket 2Cを購入する」ボタンを押下後、希望のカラーとプラン(Rakuten最強プラン)をカートに追加し、手順に従って申し込みを完了させてください。

製品とプラン(Rakuten最強プラン)がカートに追加されるとキャンペーン値引きが適用されます。

製品が手元に届く

本人確認の審査が完了次第、製品が発送されます。本人確認の審査状況、発送状況は「my 楽天モバイル」で確認できます。

楽天モバイルだけの話ではないですが、バッテリー残量が非常に少ない状態で製品が届くことがあるので、届いたら一度開封して不備がないことを確認し、箱から出してルーターを充電しておくといいでしょう。

SIMカードを「microSIM」に切り取ってルーターに入れて電源オン

Rakuten WiFi Pocket 2CのSIMサイズは「microSIM」です。同梱されている楽天モバイルのSIMカードを「microSIM」サイズに切り取ってルーターに入れて、電源を入れてください。

nanoSIMサイズに切り離してしまった場合は、電話等でSIM交換の手続きをしてください。

電源ボタンを長押しすると電源が入り、自動的にインターネットに接続されます。ホーム画面にアンテナマークが表示されていることを確認してください。

Rakuten WiFi Pocket 2Cでよくある質問

Rakuten WiFi Pocket 2Bとの違いは?

Rakuten WiFi Pocket 2Bのコネクタは「microUSB」ですが、Rakuten WiFi Pocket 2Cは「USB type-C」です。それ以外の違いは全くありません。

対応している周波数帯は?

下記周波数帯に対応しています。

  • LTE

Band 1/Band 3/Band 7/Band 18/Band 19/Band 26

  • TD-LTE

Band 38/Band 41

  • WCDMA

Band I/Band II/Band X IX

楽天モバイルのSIMは使いまわしできる?

使いまわしできます。「nanoSIM」サイズに切り離すとAndroidスマホやiPhoneで利用できます。

Rakuten WiFi Pocket 2CのSIMサイズは「microSIM」で、AndroidやiPhoneで使われているSIMサイズは「nanoSIM」です。

microSIMからnanoSIMへの切り取り可能です。もしもまたRakuten WiFi Pocket 2CにSIMカードを入れて利用したくなった場合は、my楽天モバイルでSIM交換手続きを行い、届いたマルチSIMカードを「microSIM」サイズに切り離して使用してください。

なお、SIM交換手続きは有料で、SIMカードを再発行する場合は手数料3,300円かかります。また、交換手続きの受付時より交換前のSIMカードは使えなくなります。

他社のSIMを入れて利用できる?

Rakuten WiFi Pocket 2Cが対応している周波数帯で判断すると、理論上はドコモ回線/au回線のSIMを入れても利用できます。

楽天モバイルの詳細はこちらから!

ボタンを押すと楽天モバイル公式サイトに移動します

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

サイバーバードでは、楽天モバイルのキャンペーン情報、新規契約・他社から乗り換えで契約する方法、手持ちのAndroidスマホやiPhoneを利用する方法を分かりやすく解説しています。
全てのコンテンツを荒巻大輔が執筆・監修しています。適当な外注ライターの記事は1つもありません。

目次